本文へジャンプ

NiCeRaテクニカルセンタ

  • 設計施工
2007 鳥取

シンボリックなマザーファクトリーの創造

セラミック素材及びセンサー製品メーカーの生産機能を集約・移転した計画です。本社機能が入る本館棟、生産ライン・アメニティ機能が入る生産棟、それらを繋ぐ渡り廊下で構成しています。本館棟はALCと縦連窓の連続によりセンサーの記号的イメージと企業の上昇志向を、生産棟は金属外壁によりプロダクトなイメージを表現しました。執務空間やクリーンルームなど、シミュレーションに基づいた計画により、センサーを人の五感に例える企業イメージを大切にしたデザイン展開を行いました。

設計施工 竹中工務店
延床面積 16,106㎡
構造/規模 鉄骨造、鉄筋コンクリート造
/地上8階
DESIGN WORKS vol.8