成長戦略

お客様の事業活動に最良のソリューションを提供し、グループの総力でサステナブル社会の実現を目指していきます。 取締役社長 宮下 正裕

2025年のグループ成長戦略:
グループで、グローバルに、まちづくりにかかわる

私たち竹中グループは、2014年に策定した「2025年の成長戦略」により、グループ全体の事業領域を「まち」として捉え、活動してきました。これからも、グループ各社が緊密に連携し、「まちづくりの全てのステージ」で、ステークホルダーとの対話を深め、国内外における様々な課題に取り組み、人々が安心して暮らせるサステナブル社会の実現を目指します。

2025年のグループ成長戦略:グループで、グローバルに、まちづくりにかかわる2025年のグループ成長戦略:グループで、グローバルに、まちづくりにかかわる

新たな価値を創る

「まちづくりの全てのステージ」での貢献には、建設事業のみならずその周辺領域も含めたグループ各社やステークホルダーの皆様と緊密に連携して取り組む必要があります。
社会の変化はスピードを増し、再生可能エネルギーへの取り組みの加速、AI、ロボット、ビッグデータがまちづくりに大きな影響を及ぼし、持続可能な社会の実現に向けて建築とインフラの役割が大きく変わりつつあります。私たち竹中工務店は建設技術とサービスが融合した新しいソリューションとビジネスモデルで新たな価値を提供し、社会とお客様にとって最良のパートナーとなることを目指します。

新たな価値を創る新たな価値を創る

成長に向けてのステップ

グループが一体となり、社会とお客様に新たな価値を提供するためにそれぞれが専門技術やサービスの質を磨き、成長に向けてのステップを進んでいきます。
これからグループ一丸となってまちづくり事業推進機能の構築と拡充を進め、社会課題に応えるソリューションを提供することで、グローバルに新たな価値を創出していきます。

成長に向けてのステップ成長に向けてのステップ

目指すサステナブル社会と「まちづくり」の推進

国際競争力の向上とコンパクト+ネットワークの推進で、人口減少に歯止めがかかるとともに新しい雇用が創出され、地方も活性化している状態。これが当社が目指すサステナブル社会です。
しかしながら、それぞれの「まち」における解決すべき社会的課題、構築する社会システム、サステナブル社会への転換の道筋は多種多様。当社は「まちづくり総合エンジニアリング企業」として、それぞれの「まち」に則した戦略およびグローバルかつ中長期的な視点に基づき、社会やまちのステークホルダーとの対話を深め、目指すサステナブルな「まち」の実現に貢献していきます。
具体的には、サステナブル社会における「まちの基盤」、「経済・文化」、「生活(QOL)」、「未来」という観点から、建設事業に新たなソリューションをもたらし、ビジネスモデルの創出をしながら、求められる社会システムをデザインすることにより社会との共有価値創造を目指します。

目指すサステナブル社会と「まちづくり」の推進目指すサステナブル社会と「まちづくり」の推進

まちづくりの戦略の構築とこれから

私たちは「まちづくり総合エンジニアリング企業」を目指して、「まちづくり戦略室」を2017年に発足しました。ステークホルダーとの対話を通じて実証実験などのオープンイノベーションを実施することで、その課題解決の方法の探索と実践を行うMACHIinonovation® (マチノベーション)の実現を目指しています。

まちづくりの戦略の構築とこれからまちづくりの戦略の構築とこれから