本文へジャンプ

天井内設備材料の取付作業をアシストする専用機械「アップロー」を開発

リリース

2019年8月1日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(本社:大阪市中央区、社長:佐々木正人)と株式会社相互(本社:大阪市西区、社長:小田切和起)、株式会社カナモト(本社:北海道札幌市、社長:金本哲男)、朝日機材株式会社(本社:東京都墨田区、社長:大隅一暢)の4社は、主に天井内設備材料の取付作業において、施工性、および安全性の向上を目的としたアシスト機械「アップロー※1)」を共同開発(特許出願済み)しました。

従来、重量のある配管やダクトなどの天井内設備材料は、揚重のための専用設備を天井に設置する必要があり、取付のための準備・揚重作業に時間がかかっていました。「アップロー」では、天井内設備材料を床面にて安全に機械(フォーク)上に配置し、そのまま最大4.2mまで揚重可能です。そのため、作業時間の大幅な短縮を実現すると共に、高所での準備作業が不要となることで安全性の向上も実現することが出来ました。
当社では、今後、各開発先と共同で開発した機械の作業所への適用、及び改良を重ねていくと共に、2019年8月2日を目途に、関係レンタル会社よりレンタルを開始致します。

本体全容

本体全容

材料揚重時

材料揚重時

仕様

本体部 全長1600mm、全幅1000mm、全高2000mm
最大荷重 500kg
本体重量 500kg
フォーク長さ 850mm
フォーク間隔 1000~1500mm
安全装置 緊急停止スイッチ、過荷重リミット、水準器、上昇時移動停止リミット、材料ズレ止めストッパー
※1 株式会社カナモトより商標登録出願済