本文へジャンプ

ビル×サービスロボット&スマートモビリティ実証イベントを御堂ビルにて実施

モビリティ・ロボット群が自動・自律移動できる、まちづくりに向けて始動

リリース

2019年12月11日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:佐々木正人)は、三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区、社長:杉山武史)、株式会社ZMP(本社:東京都文京区、社長:谷口恒)、株式会社テムザック(本社:福岡県宗像市、社長:髙本陽一)と協業で、モビリティ・ロボット群がビル・街区をスマートに働き、生産性の向上や不動産価値を創出する未来へむけた実証イベントを、竹中工務店がある御堂ビルにおいて2019年11月21日から12月11日にかけて開催しました。

近年、急速に進化しているスマートモビリティやサービスロボットは、ビルのエレベーターと連携することにより、縦動線でも自動・自律移動が可能となります。 今回の実証イベントでは、御堂ビル(1965年竣工)の三菱電機製人荷用エレベーターの制御盤に改修を加えた上で、仮設置したスマートビルサービスプラットフォームサーバー※1と接続することで、ZMP製宅配ロボット「キャリロ・デリ」との通信・制御を可能とし、ロボットの縦動線自動・自律移動を実現しました※2。具体的な実証内容は、ビル地下階のカフェ・コンビニ店舗から7階応接会議室への飲食物の自動宅配、1階メール室から7階オフィスへの書類の自動搬送です。 また、テムザック製のスマートモビリティ「ロデム」により、ビル・街区のラストワンマイルモビリティ利用の可能性、医療福祉施設などでの介助レス・自律支援モビリティ可能性を検証しました。

当社および当社グループは、今回の実証イベントで得られた知見を活かし、BIMデータ連携も視野に入れたOIM(オープン・インフォメーション・マップ)をベースに、モビリティ・ロボット群をスマートに管理する「モビリティ・ロボット群マネジメントシステム」を構想しています。竹中工務店は、新たなまちづくりに向けて、新築建物だけではなく既存建物や屋外空間に対しても、同システムの導入により、新たな空間サービスを提供していきます。 

介助レストイレ乗込検証

ロボット・エレベーター連携システム

※1 スマートビルサービスプラットフォームサーバー:
三菱電機が提供するスマートビルを実現するIoTプラットフォームサービス。今回はビルの設備、ヒト、ロボットとの親和性を高め、ロボット自らの自由な行動を可能とします。
※2 本実証システム概要は12/11より開催されるスマートビルディングEXPO東京展(青海展示棟開催)にて、三菱電機ブースに展示されます。

モビリティ・ロボット群マネジメントシステム

※3 仮想情報空間の構築・分析・移動体管理