本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

女性活躍推進法に基づく自主行動計画(第一次)を策定致しました

お知らせ

2016年3月25日
株式会社竹中工務店

竹中工務店は社員一人ひとりの人材の多様性を活かし、男女を問わずプロとして社会と接し、よりいきいき活躍できる職場環境の実現とともに、多様な価値観に応える建築を生み出すことを目指しています。
そのような考えを踏まえ、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づいた行動計画(第一次)を、今回策定致しました。
これまで、竹中工務店は、社員一人ひとりの能力開発と適性を生かしたキャリア形成に注力し、制度面の整備を進めるなどさまざまな取り組みをしてきました。
今回策定しました行動計画は、これまでの取り組みを更にブラッシュアップさせ、女性社員が意思決定過程に加わり、多様な考え方に基づいた意思決定がされている状態を目指し、女性管理職比率の引き上げを目標として掲げ、目標達成のために具体的な取り組み内容を示しました。

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく 自主行動計画(第一次)

計画期間

2016年4月1日から2020年3月31日までの4年間

目標と取組み内容・実施期間

目標 女性管理職比率を2025年には2015年の3倍である8%程度にすることを目標に2020年には女性管理職比率を4.5%程度に引き上げる
取組み内容と実施期間
取組1 女性技術系社員の採用を促進する。

2016年4月~ 新卒採用者に占める技術系社員のうち、女性社員の採用を15%以上という目標を持ち積極的に採用を促進する
取組2 配置・育成・教育訓練(キャリア形成)の実施を図る。

2016年4月~ 施工分野への女性社員の積極的な配置により、職域を拡大する
女性の技術者、技能労働者が働きやすい職場環境の整備を行なう。
キャリア形成を狙いとする女性社員を対象とした研修を実施する。
キャリア形成を担うマネジメント層に対するキャリアサポートに焦点をあてた研修を実施する。
取組3 活躍し続けられる職場環境を構築する。(就業継続)

2016年4月~ 地域限定社員について、特例を設けることにより勤務を継続出来るよう勤務地変更制度を導入する。
退職する社員に、再び就労し能力を発揮する機会を設けるためのジョブ・リターン制度を導入する。
キャリア相談窓口の充実を図る。

2016年7月~ 介護ポータルサイトを構築する。
取組4 ワークライフバランスを目的に長時間労働を前提とした働き方を見直す。

2016年4月~ 水曜日ノー残業デーの徹底を図る。
内勤事業所における休日出勤の削減を図る。
所定外労働時間の削減活動を推進する。
PDCAサイクルを廻した職場ダイアログの継続的実施と施策への反映を行なう。