CSR Takenaka's
Corporate Social Responsibility
想いをかたちに未来へつなぐ

清和台の森づくり
Feature
清和台の森づくり
SDGsを支える自然資本の
保全への取り組み
詳細を見る
“健築”
Feature
“健築”
「生きる場所をつくる」
詳細を見る
木のイノベーションで森とまちの未来をつくる2
Feature
木のイノベーションで森とまちの未来をつくる2
耐火集成材『燃エンウッド®』の開発と木造・木質建築への想い
詳細を見る
人と地域を未来へつなぐ「聴竹居」
Feature
人と地域を未来へつなぐ「聴竹居」
詳細を見る
子どもと築く復興まちづくり
Feature
子どもと築く復興まちづくり
震災復興の主役は「子どもたち」
詳細を見る

CSRビジョン

私たち竹中グループは、
ステークホルダーとの対話を深め、
その想いを「まちづくり」を
通してかたちにし、
未来のサステナブル社会へ
つないでいきます。

詳細を見る

サステナブル社会の実現に向けた取り組みを推進するため、「地球環境」「地域社会」「お客様」「ともに働く仲間たち」などのステークホルダーの方々との対話を行っています。

サステナブル社会実現へ向けてのダイアログ

重要課題(マテリアリティ)を特定

竹中工務店は、「まちづくり総合エンジニアリング企業」として社会課題を解決し、サステナブル社会を実現するための重要課題(マテリアリティ)を特定しています。2025年の成長戦略に重要課題を組み込み、その実現に向けた具体的な活動計画と目標を定め、事業活動を展開していきます。

重要課題(マテリアリティ)を特定

建築・まちづくりを通し、サステナブル社会を実現するため、2017年に「グループCSRビジョン」及び「2025年の成長戦略」を踏まえ、2019年までの「CSR活動計画」として、25の実施方策に基づく目標及びKPIを設定しました。ここでは、2019年の活動実績について報告します。

共通価値課題