本文へジャンプ

竹中工務店とHEROZ、 AIを搭載した空間制御システム『ArchiphiliaTM Engine』を共同開発

「EQ House」にて、学習によって成長する建築を実証

リリース

2019年6月5日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:佐々木正人)とHEROZ(代表取締役CEO:林 隆弘)は、HEROZの提供するAI 「HEROZ Kishin」を用いた空間制御システム『ArchiphiliaTM※1Engine(アーキフィリア エンジン)』を共同開発し、竹中工務店が設計施工を行った「EQ House(イーキュー ハウス)」プロジェクトにおいて、6月5日より実証実験を開始しました。

竹中工務店とHEROZは、今回の成果をもとに、建物設備へのAI適用を進めていきます。また、まちづくりに関するソリューションとしての展開を図ることで、社会に貢献することを目指していきます。

『Archiphilia Engine』について

通常の建物設備システムは、設備管理員が手動で運転条件(スケジュール・空調や照明のONorOFF・室内温湿度等)を設定しています。今回開発した『Archiphilia Engine』は、センサーから取得したビッグデータとAIによって、運転条件を自動的に最適化し、省エネルギーや省人化を実現します。更に、入居者の好みや快適性といったフィードバックデータを継続的に学習し続けることによって、入居者にカスタマイズされた室内環境を自動的に提供できます。

『Archiphilia Engine』は、ビルコミュニケーションシステム®(以下、ビルコミ®)によって収集・保存されるデータを「HEROZ Kishin」と機能連携させることで構成されています。現在、ビルコミを介した設備制御のみが可能となっていますが、BACnet※2などを使って、直接的に建物設備システムを制御するような拡張も可能です。

Archiphilia Engineシステム構成図
※1 ArchiphiliaTMは、入居者(ヒト)がみずから環境にコミットし、空間をパーソナライズすることで、人とともに成長する建築、または生命が宿る建築を指す造語です。
※2 BACnetは建物設備システムで一般的に使われる通信規格です。

「EQ House」での実証について

EQ Houseには、入居者や環境情報をリアルタイムに細かく把握するための環境センサー、人感センサー、ウェアラブルセンサーといった多様なIoTセンサーが配置されています。今回の実証では、それらのIoTデータに加え、照明システムや空調システム、I.SEM®などの建物設備システムから得られたデータを、EQ Houseで運用されている演出システムなどに活用するとともに、クラウドに収集し、『ArchiphiliaTM Engine』を介して処理することで、学習により高度に設備制御された空間を実現していきます。

EQ House
EQ House内観

「ビルコミ®」について

ビルコミは建物設備システムやIoTデータを効率的に扱うため、オープンな通信規格を採用したプラットフォームです。データの収集と保存だけでなく、遠隔からの建物制御も実現します。収集されたデータは、クラウドからリアルタイムでの見える化が可能になることに加え、ビッグデータ処理基盤に保管されるため、ビッグデータやAIでの活用が容易です。

「HEROZ Kishin」について

「HEROZ Kishin」は、将棋AIをはじめ、HEROZで培ったAI技術を活かし、これまで人間には解決できなかった問題に挑戦し、新時代を創造するHEROZの独自AIです。『Archiphilia Engine』におけるAIは、機械学習の手法の一つである強化学習を用いて、省エネや快適性などの指標をもとに、リアルタイムで収集されるデータや過去のデータを使って、最適な制御を行っています※3。 HEROZでは、今後も「HEROZ Kishin」を軸にディープラーニング(深層学習)等の機械学習の研究開発やビジネス活用を続け、AI革命を起こし、未来を創っていきます。

HEROZ Kishin についてはこちら: https://heroz.co.jp/service/btob/(新しいウィンドウでページを開く)

※3 本取り組みは、「HEROZ Kishin」サービスのプロダクトの一つである、時系列データを学習し未来予測を行うAI「HEROZ Kishin Monitor」を建物制御に適応した事例となります。
HEROZ Kishin Monitor についてはこちら:https://kishin-monitor.heroz.jp/(新しいウィンドウでページを開く)

  • 社名であるHEROZ及びHEROZのロゴマークは、HEROZの登録商標です。
  • その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。